万葉集465番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集465番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集465番について

歌番号

465番

原文

虚蝉之|代者無常跡|知物乎|秋風寒|思努妣都流可聞

訓読

うつせみの世は常なしと知るものを秋風寒み偲ひつるかも

かな読み

うつせみの|よはつねなしと|しるものを|あきかぜさむみ|しのひつるかも

カタカナ読み

ウツセミノ|ヨハツネナシト|シルモノヲ|アキカゼサムミ|シノヒツルカモ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|YOHATSUNENASHITO|SHIRUMONO|AKIKAZESAMUMI|SHINOHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

utsusemino|yohatsunenashito|shirumono|akikazesamumi|shinohitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|枕詞|天平11年6月年紀

校異

妣【京】比|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うつせみの[寛],
よはつねなしと[寛],
しるものを[寛],
あきかぜさむみ,[寛]あきかせさむく,
しのひつるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました