万葉集405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集405番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集405番について

歌番号

405番

原文

春日野尓|粟種有世伐|待鹿尓|継而行益乎|社師<怨>焉

訓読

春日野に粟蒔けりせば鹿待ちに継ぎて行かましを社し恨めし

かな読み

かすがのに|あはまけりせば|ししまちに|つぎてゆかましを|やしろしうらめし

カタカナ読み

カスガノニ|アハマケリセバ|シシマチニ|ツギテユカマシヲ|ヤシロシウラメシ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|AHAMAKERISEBA|SHISHIMACHINI|TSUGITEYUKAMASHIO|YASHIROSHIURAMESHI

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|ahamakeriseba|shishimachini|tsugiteyukamashio|yashiroshiurameshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|地名|動物|植物|掛醎合媿|贈答|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|留->怨【紀】

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
あはまけりせば,[寛]あはまけりせは,
ししまちに,[寛]またむかに,
つぎてゆかましを,[寛]つきてゆかましを,
やしろしうらめし,[寛]やしろはしるを,

巻数

第3巻

作者

佐伯赤麻呂

タイトルとURLをコピーしました