万葉集292番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集292番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集292番について

歌番号

292番

原文

久方乃|天之探女之|石船乃|泊師高津者|淺尓家留香裳

訓読

ひさかたの天の探女が岩船の泊てし高津はあせにけるかも

かな読み

ひさかたの|あまのさぐめが|いはふねの|はてしたかつは|あせにけるかも

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマノサグメガ|イハフネノ|ハテシタカツハ|アセニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMANOSAGUMEGA|IHAFUNENO|HATESHITAKATSUHA|ASENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amanosagumega|ihafuneno|hateshitakatsuha|asenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまのさぐめが,[寛]あまのさくめか,
いはふねの[寛],
はてしたかつは[寛],
あせにけるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

角麻呂

タイトルとURLをコピーしました