万葉集408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集408番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集408番について

歌番号

408番

原文

石竹之|其花尓毛我|朝旦|手取持而|不戀日将無

訓読

なでしこがその花にもが朝な朝な手に取り持ちて恋ひぬ日なけむ

かな読み

なでしこが|そのはなにもが|あさなさな|てにとりもちて|こひぬひなけむ

カタカナ読み

ナデシコガ|ソノハナニモガ|アサナサナ|テニトリモチテ|コヒヌヒナケム

ローマ字読み|大文字

NADESHIKOGA|SONOHANANIMOGA|ASANASANA|TENITORIMOCHITE|KOHINUHINAKEMU

ローマ字読み|小文字

nadeshikoga|sonohananimoga|asanasana|tenitorimochite|kohinuhinakemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|坂上大嬢|恋愛|植物|贈答|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

なでしこが,[寛]なてしこの,
そのはなにもが,[寛]そのはなにもか,
あさなさな[寛],
てにとりもちて[寛],
こひぬひなけむ[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました