万葉集298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集298番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集298番について

歌番号

298番

原文

亦打山|暮越行而|廬前乃|角太川原尓|獨可毛将宿

訓読

真土山夕越え行きて廬前の角太川原にひとりかも寝む

かな読み

まつちやま|ゆふこえゆきて|いほさきの|すみだかはらに|ひとりかもねむ

カタカナ読み

マツチヤマ|ユフコエユキテ|イホサキノ|スミダカハラニ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

MATSUCHIYAMA|YUFUKOEYUKITE|IHOSAKINO|SUMIDAKAHARANI|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

matsuchiyama|yufukoeyukite|ihosakino|sumidakaharani|hitorikamonemu

左注|左註

右或云|弁基者春日蔵首老之法師名也

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

まつちやま[寛],
ゆふこえゆきて[寛],
いほさきの[寛],
すみだかはらに,[寛]すみたかはらに,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第3巻

作者

弁基

タイトルとURLをコピーしました