万葉集446番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集446番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集446番について

歌番号

446番

原文

吾妹子之|見師鞆浦之|天木香樹者|常世有跡|見之人曽奈吉

訓読

我妹子が見し鞆の浦のむろの木は常世にあれど見し人ぞなき

かな読み

わぎもこが|みしとものうらの|むろのきは|とこよにあれど|みしひとぞなき

カタカナ読み

ワギモコガ|ミシトモノウラノ|ムロノキハ|トコヨニアレド|ミシヒトゾナキ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|MISHITOMONORANO|MURONOKIHA|TOKOYONIAREDO|MISHIHITOZONAKI

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|mishitomonorano|muronokiha|tokoyoniaredo|mishihitozonaki

左注|左註

右三首過鞆浦日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|岡山|地名|天平2年12月年紀

校異

太->大【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
みしとものうらの[寛],
むろのきは[寛],
とこよにあれど,[寛]とこよにあれと,
みしひとぞなき,[寛]みしひとそなき,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました