万葉集297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集297番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集297番について

歌番号

297番

原文

晝見騰|不飽田兒浦|大王之|命恐|夜見鶴鴨

訓読

昼見れど飽かぬ田子の浦大君の命畏み夜見つるかも

かな読み

ひるみれど|あかぬたごのうら|おほきみの|みことかしこみ|よるみつるかも

カタカナ読み

ヒルミレド|アカヌタゴノウラ|オホキミノ|ミコトカシコミ|ヨルミツルカモ

ローマ字読み|大文字

HIRUMIREDO|AKANUTAGONORA|OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|YORUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

hirumiredo|akanutagonora|ohokimino|mikotokashikomi|yorumitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|静岡|土地讃美|地名|大夫

校異

特に無し

寛永版本

ひるみれど,[寛]ひるみれと,
あかぬたごのうら,[寛]あかぬたこのうら,
おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
よるみつるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

田口益人

タイトルとURLをコピーしました