万葉集395番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集395番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集395番について

歌番号

395番

原文

<託>馬野尓|生流紫|衣染|未服而|色尓出来

訓読

託馬野に生ふる紫草衣に染めいまだ着ずして色に出でにけり

かな読み

たくまのに|おふるむらさき|きぬにしめ|いまだきずして|いろにいでにけり

カタカナ読み

タクマノニ|オフルムラサキ|キヌニシメ|イマダキズシテ|イロニイデニケリ

ローマ字読み|大文字

TAKUMANONI|OFURUMURASAKI|KINUNISHIME|IMADAKIZUSHITE|IRONIIDENIKERI

ローマ字読み|小文字

takumanoni|ofurumurasaki|kinunishime|imadakizushite|ironiidenikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|大伴家持|恋愛|植物|贈答

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌|詫->託【類】【紀】【温】|衣【紀】衣尓

寛永版本

たくまのに,[寛]つくまのに,
おふるむらさき[寛],
きぬにしめ,[寛]きぬにそめ,
いまだきずして,[寛]いまたきすして,
いろにいでにけり,[寛]いろにいてけり,

巻数

第3巻

作者

笠郎女

タイトルとURLをコピーしました