万葉集235番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集235番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集235番について

歌番号

235番

原文

皇者|神二四座者|天雲之|雷之上尓|廬為<流鴨>

訓読

大君は神にしませば天雲の雷の上に廬りせるかも

かな読み

おほきみは|かみにしませば|あまくもの|いかづちのうへに|いほりせるかも

カタカナ読み

オホキミハ|カミニシマセバ|アマクモノ|イカヅチノウヘニ|イホリセルカモ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMIHA|KAMINISHIMASEBA|AMAKUMONO|IKAZUCHINOHENI|IHORISERUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohokimiha|kaminishimaseba|amakumono|ikazuchinoheni|ihoriserukamo

左注|左註

右或本云獻忍壁皇子也|其歌曰|王|神座者|雲隠伊加土山尓|宮敷座

事項|分類・ジャンル

雑歌|現人神|天皇讃美|宮廷讃美|飛鳥|地名|枕詞|忍壁皇子

校異

鴨流->流鴨【西(訂正)】【類】【古】【紀】

寛永版本

おほきみは,[寛]すめろきは,
かみにしませば,[寛]かみにしませは,
あまくもの[寛],
いかづちのうへに,[寛]いかつちのうへに,
いほりせるかも,[寛]いほりするかも,

巻数

第3巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました