万葉集462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集462番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集462番について

歌番号

462番

原文

従今者|秋風寒|将吹焉|如何獨|長夜乎将宿

訓読

今よりは秋風寒く吹きなむをいかにかひとり長き夜を寝む

かな読み

いまよりは|あきかぜさむく|ふきなむを|いかにかひとり|ながきよをねむ

カタカナ読み

イマヨリハ|アキカゼサムク|フキナムヲ|イカニカヒトリ|ナガキヨヲネム

ローマ字読み|大文字

IMAYORIHA|AKIKAZESAMUKU|FUKINAMUO|IKANIKAHITORI|NAGAKIYONEMU

ローマ字読み|小文字

imayoriha|akikazesamuku|fukinamuo|ikanikahitori|nagakiyonemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|妾|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

歌【西】哥【西(訂正)】歌

寛永版本

いまよりは[寛],
あきかぜさむく,[寛]あきかせさむく,
ふきなむを[寛],
いかにかひとり,[寛]いかてかひとり,
ながきよをねむ,[寛]なかきよをねむ,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました