万葉集468番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集468番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集468番について

歌番号

468番

原文

出行|道知末世波|豫|妹乎将留|塞毛置末思乎

訓読

出でて行く道知らませばあらかじめ妹を留めむ関も置かましを

かな読み

いでてゆく|みちしらませば|あらかじめ|いもをとどめむ|せきもおかましを

カタカナ読み

イデテユク|ミチシラマセバ|アラカジメ|イモヲトドメム|セキモオカマシヲ

ローマ字読み|大文字

IDETEYUKU|MICHISHIRAMASEBA|ARAKAJIME|IMOTODOMEMU|SEKIMOKAMASHIO

ローマ字読み|小文字

ideteyuku|michishiramaseba|arakajime|imotodomemu|sekimokamashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

特に無し

寛永版本

いでてゆく,[寛]いててゆく,
みちしらませば,[寛]みちしらませは,
あらかじめ,[寛]かねてより,
いもをとどめむ,[寛]いもをととめむ,
せきもおかましを,[寛]

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました