万葉集463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集463番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集463番について

歌番号

463番

原文

長夜乎|獨哉将宿跡|君之云者|過去人之|所念久尓

訓読

長き夜をひとりや寝むと君が言へば過ぎにし人の思ほゆらくに

かな読み

ながきよを|ひとりやねむと|きみがいへば|すぎにしひとの|おもほゆらくに

カタカナ読み

ナガキヨヲ|ヒトリヤネムト|キミガイヘバ|スギニシヒトノ|オモホユラクニ

ローマ字読み|大文字

NAGAKIYO|HITORIYANEMUTO|KIMIGAIHEBA|SUGINISHIHITONO|OMOHOYURAKUNI

ローマ字読み|小文字

nagakiyo|hitoriyanemuto|kimigaiheba|suginishihitono|omohoyurakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴家持|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ながきよを,[寛]なかきよを,
ひとりやねむと[寛],
きみがいへば,[寛]きみかいへは,
すぎにしひとの,[寛]すきにしひとの,
おもほゆらくに[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました