万葉集454番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集454番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集454番について

歌番号

454番

原文

愛八師|榮之君乃|伊座勢<婆>|昨日毛今日毛|吾乎召<麻>之乎

訓読

はしきやし栄えし君のいましせば昨日も今日も我を召さましを

かな読み

はしきやし|さかえしきみの|いましせば|きのふもけふも|わをめさましを

カタカナ読み

ハシキヤシ|サカエシキミノ|イマシセバ|キノフモケフモ|ワヲメサマシヲ

ローマ字読み|大文字

HASHIKIYASHI|SAKAESHIKIMINO|IMASHISEBA|KINOFUMOKEFUMO|WAOMESAMASHIO

ローマ字読み|小文字

hashikiyashi|sakaeshikimino|imashiseba|kinofumokefumo|waomesamashio

左注|左註

右五首資人<余>明軍不勝犬馬之慕心中感緒作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴旅人|奈良|地名|天平3年7月年紀

校異

歌【西】謌|波->婆【類】|座->麻【類】【古】【矢】

寛永版本

はしきやし,[寛]よしえやし,
さかえしきみの[寛],
いましせば,[寛]いましせは,
きのふもけふも[寛],
わをめさましを,[寛]われをめさましを,

巻数

第3巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました