万葉集294番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集294番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集294番について

歌番号

294番

原文

風乎疾|奥津白波|高有之|海人釣船|濱眷奴

訓読

風をいたみ沖つ白波高からし海人の釣舟浜に帰りぬ

かな読み

かぜをいたみ|おきつしらなみ|たかからし|あまのつりぶね|はまにかへりぬ

カタカナ読み

カゼヲイタミ|オキツシラナミ|タカカラシ|アマノツリブネ|ハマニカヘリヌ

ローマ字読み|大文字

KAZEOITAMI|OKITSUSHIRANAMI|TAKAKARASHI|AMANOTSURIBUNE|HAMANIKAHERINU

ローマ字読み|小文字

kazeoitami|okitsushiranami|takakarashi|amanotsuribune|hamanikaherinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

かぜをいたみ,[寛]かせをいたみ,
おきつしらなみ[寛],
たかからし[寛],
あまのつりぶね,[寛]あまのつりふね,
はまにかへりぬ[寛],

巻数

第3巻

作者

角麻呂

タイトルとURLをコピーしました