万葉集337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集337番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集337番について

歌番号

337番

原文

憶良等者|今者将罷|子将哭|其彼母毛|吾乎将待曽

訓読

憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ

かな読み

おくららは|いまはまからむ|こなくらむ|それそのははも|わをまつらむぞ

カタカナ読み

オクララハ|イマハマカラム|コナクラム|ソレソノハハモ|ワヲマツラムゾ

ローマ字読み|大文字

OKURARAHA|IMAHAMAKARAMU|KONAKURAMU|SORESONOHAHAMO|WAOMATSURAMUZO

ローマ字読み|小文字

okuraraha|imahamakaramu|konakuramu|soresonohahamo|waomatsuramuzo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|罷宴|太宰府|福岡|宴席|地名

校異

特に無し

寛永版本

おくららは[寛],
いまはまからむ[寛],
こなくらむ[寛],
それそのははも,[寛]そのかのははも,
わをまつらむぞ,[寛]われをまたむそ,

巻数

第3巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました