万葉集419番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集419番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集419番について

歌番号

419番

原文

石戸破|手力毛欲得|手弱寸|女有者|為便乃不知苦

訓読

岩戸破る手力もがも手弱き女にしあればすべの知らなく

かな読み

いはとわる|たぢからもがも|たよわき|をみなにしあれば|すべのしらなく

カタカナ読み

イハトワル|タヂカラモガモ|タヨワキ|ヲミナニシアレバ|スベノシラナク

ローマ字読み|大文字

IHATOWARU|TAJIKARAMOGAMO|TAYOWAKI|OMINANISHIAREBA|SUBENOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

ihatowaru|tajikaramogamo|tayowaki|ominanishiareba|subenoshiranaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|河内王|悲嘆

校異

特に無し

寛永版本

いはとわる[寛],
たぢからもがも,[寛]たちからもかな,
たよわき,[寛]てをよはき,
をみなにしあれば,[寛]をとめにしあれは,
すべのしらなく,[寛]すへのしらなく,

巻数

第3巻

作者

手持女王

タイトルとURLをコピーしました