万葉集291番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集291番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集291番について

歌番号

291番

原文

真木葉乃|之奈布勢能山|之<努>波受而|吾超去者|木葉知家武

訓読

真木の葉のしなふ背の山偲はずて我が越え行けば木の葉知りけむ

かな読み

まきのはの|しなふせのやま|しのはずて|わがこえゆけば|このはしりけむ

カタカナ読み

マキノハノ|シナフセノヤマ|シノハズテ|ワガコエユケバ|コノハシリケム

ローマ字読み|大文字

MAKINOHANO|SHINAFUSENOYAMA|SHINOHAZUTE|WAGAKOEYUKEBA|KONOHASHIRIKEMU

ローマ字読み|小文字

makinohano|shinafusenoyama|shinohazute|wagakoeyukeba|konohashirikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

歌【西】謌|奴->努【類】【紀】

寛永版本

まきのはの[寛],
しなふせのやま[寛],
しのはずて,[寛]しるはすて,
わがこえゆけば,[寛]わかこえゆけは,
このはしりけむ[寛],

巻数

第3巻

作者

小田事

タイトルとURLをコピーしました