万葉集300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集300番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集300番について

歌番号

300番

原文

佐保過而|寧樂乃手祭尓|置幣者|妹乎目不離|相見染跡衣

訓読

佐保過ぎて奈良の手向けに置く幣は妹を目離れず相見しめとぞ

かな読み

さほすぎて|ならのたむけに|おくぬさは|いもをめかれず|あひみしめとぞ

カタカナ読み

サホスギテ|ナラノタムケニ|オクヌサハ|イモヲメカレズ|アヒミシメトゾ

ローマ字読み|大文字

SAHOSUGITE|NARANOTAMUKENI|OKUNUSAHA|IMOMEKAREZU|AHIMISHIMETOZO

ローマ字読み|小文字

sahosugite|naranotamukeni|okunusaha|imomekarezu|ahimishimetozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|手向醎|奈良|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

さほすぎて,[寛]さほすきて,
ならのたむけに[寛],
おくぬさは[寛],
いもをめかれず,[寛]いもをめかれす,
あひみしめとぞ,[寛]あひみしめとそ,

巻数

第3巻

作者

長屋王

タイトルとURLをコピーしました