万葉集449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集449番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集449番について

歌番号

449番

原文

与妹来之|敏馬能埼乎|還左尓|獨<之>見者|涕具末之毛

訓読

妹と来し敏馬の崎を帰るさにひとりし見れば涙ぐましも

かな読み

いもとこし|みぬめのさきを|かへるさに|ひとりしみれば|なみたぐましも

カタカナ読み

イモトコシ|ミヌメノサキヲ|カヘルサニ|ヒトリシミレバ|ナミタグマシモ

ローマ字読み|大文字

IMOTOKOSHI|MINUMENOSAKIO|KAHERUSANI|HITORISHIMIREBA|NAMITAGUMASHIMO

ローマ字読み|小文字

imotokoshi|minumenosakio|kaherusani|hitorishimireba|namitagumashimo

左注|左註

右二首過敏馬埼日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|兵庫|地名|天平2年12月年紀

校異

而->之【古】

寛永版本

いもとこし[寛],
みぬめのさきを[寛],
かへるさに[寛],
ひとりしみれば,[寛]ひとりしてみれは,
なみたぐましも,[寛]なみたくましも,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました