万葉集418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集418番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集418番について

歌番号

418番

原文

豊國乃|鏡山之|石戸立|隠尓計良思|雖待不来座

訓読

豊国の鏡の山の岩戸立て隠りにけらし待てど来まさず

かな読み

とよくにの|かがみのやまの|いはとたて|こもりにけらし|まてどきまさず

カタカナ読み

トヨクニノ|カガミノヤマノ|イハトタテ|コモリニケラシ|マテドキマサズ

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KAGAMINOYAMANO|IHATOTATE|KOMORINIKERASHI|MATEDOKIMASAZU

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kagaminoyamano|ihatotate|komorinikerashi|matedokimasazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|河内王|福岡県|地名

校異

特に無し

寛永版本

とよくにの[寛],
かがみのやまの,[寛]かかみのやまの,
いはとたて[寛],
こもりにけらし,[寛]かくれにけらし,
まてどきまさず,[寛]まてときまさす,

巻数

第3巻

作者

手持女王

タイトルとURLをコピーしました