万葉集363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集363番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集363番について

歌番号

363番

原文

美沙居|荒礒尓生|名乗藻乃|<吉>名者告世|父母者知友

訓読

みさご居る荒磯に生ふるなのりそのよし名は告らせ親は知るとも

かな読み

みさごゐる|ありそにおふる|なのりその|よしなはのらせ|おやはしるとも

カタカナ読み

ミサゴヰル|アリソニオフル|ナノリソノ|ヨシナハノラセ|オヤハシルトモ

ローマ字読み|大文字

MISAGOIRU|ARISONIOFURU|NANORISONO|YOSHINAHANORASE|OYAHASHIRUTOMO

ローマ字読み|小文字

misagoiru|arisoniofuru|nanorisono|yoshinahanorase|oyahashirutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|異伝|動物|植物|序詞

校異

告->吉【万葉集略解】

寛永版本

みさごゐる,[寛]みさこゐる,
ありそにおふる,[寛]あらいそにおふる,
なのりその[寛],
よしなはのらせ,[寛]なのりはつけよ,
おやはしるとも[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました