万葉集385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集385番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集385番について

歌番号

385番

原文

霰零|吉<志>美我高嶺乎|險跡|草取可奈和|妹手乎取

訓読

霰降り吉志美が岳をさがしみと草取りかなわ妹が手を取る

かな読み

あられふり|きしみがたけを|さがしみと|くさとりかなわ|いもがてをとる

カタカナ読み

アラレフリ|キシミガタケヲ|サガシミト|クサトリカナワ|イモガテヲトル

ローマ字読み|大文字

ARAREFURI|KISHIMIGATAKEO|SAGASHIMITO|KUSATORIKANAWA|IMOGATEOTORU

ローマ字読み|小文字

ararefuri|kishimigatakeo|sagashimito|kusatorikanawa|imogateotoru

左注|左註

右一首或云|吉野人味稲与柘枝<仙>媛歌也|但見柘枝傳無有此歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|仙媛|仙柘枝|吉野|伝承|異伝|杵島振|枕詞|地名

校異

->志【紀】【古】【温】|和【古】【紀】知|->仙【西(右書)】【紀】【古】【温】

寛永版本

あられふり,[寛]あられふる,
きしみがたけを,[寛]きしみかたけを,
さがしみと,[寛]さかしみと,
くさとりかなわ,[寛]くさとるかなや,
いもがてをとる,[寛]いもかてをとる,

巻数

第3巻

作者

味稲

タイトルとURLをコピーしました