万葉集473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集473番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集473番について

歌番号

473番

原文

佐保山尓|多奈引霞|毎見|妹乎思出|不泣日者無

訓読

佐保山にたなびく霞見るごとに妹を思ひ出泣かぬ日はなし

かな読み

さほやまに|たなびくかすみ|みるごとに|いもをおもひで|なかぬひはなし

カタカナ読み

サホヤマニ|タナビクカスミ|ミルゴトニ|イモヲオモヒデ|ナカヌヒハナシ

ローマ字読み|大文字

SAHOYAMANI|TANABIKUKASUMI|MIRUGOTONI|IMOOMOHIDE|NAKANUHIHANASHI

ローマ字読み|小文字

sahoyamani|tanabikukasumi|mirugotoni|imoomohide|nakanuhihanashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|奈良|地名|天平11年6月年紀

校異

特に無し

寛永版本

さほやまに[寛],
たなびくかすみ,[寛]たなひくかすみ,
みるごとに,[寛]みることに,
いもをおもひで,[寛]いもをおもひいてて,
なかぬひはなし[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました