万葉集331番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集331番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集331番について

歌番号

331番

原文

吾盛|復将變八方|殆|寧樂京乎|不見歟将成

訓読

我が盛りまたをちめやもほとほとに奈良の都を見ずかなりなむ

かな読み

わがさかり|またをちめやも|ほとほとに|ならのみやこを|みずかなりなむ

カタカナ読み

ワガサカリ|マタヲチメヤモ|ホトホトニ|ナラノミヤコヲ|ミズカナリナム

ローマ字読み|大文字

WAGASAKARI|MATAOCHIMEYAMO|HOTOHOTONI|NARANOMIYAKO|MIZUKANARINAMU

ローマ字読み|小文字

wagasakari|mataochimeyamo|hotohotoni|naranomiyako|mizukanarinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがさかり,[寛]わかさかり,
またをちめやも,[寛]またかへれはも,
ほとほとに[寛],
ならのみやこを[寛],
みずかなりなむ,[寛]みすかなりなむ,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました