万葉集409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集409番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集409番について

歌番号

409番

原文

一日尓波|千重浪敷尓|雖念|奈何其玉之|手二巻<難>寸

訓読

一日には千重波しきに思へどもなぞその玉の手に巻きかたき

かな読み

ひとひには|ちへなみしきに|おもへども|なぞそのたまの|てにまきかたき

カタカナ読み

ヒトヒニハ|チヘナミシキニ|オモヘドモ|ナゾソノタマノ|テニマキカタキ

ローマ字読み|大文字

HITOHINIHA|CHIHENAMISHIKINI|OMOHEDOMO|NAZOSONOTAMANO|TENIMAKIKATAKI

ローマ字読み|小文字

hitohiniha|chihenamishikini|omohedomo|nazosonotamano|tenimakikataki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|對->難【西(貼紙訂正)】【類】【古】【紀】

寛永版本

ひとひには[寛],
ちへなみしきに[寛],
おもへども,[寛]おもへとも,
なぞそのたまの,[寛]なとそのたまの,
てにまきかたき[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました