万葉集356番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集356番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集356番について

歌番号

356番

原文

今日可聞|明日香河乃|夕不離|川津鳴瀬之|清有良武|[或本歌發句云|明日香川今毛可毛等奈]

訓読

今日もかも明日香の川の夕さらずかはづ鳴く瀬のさやけくあるらむ|[或本歌發句云|明日香川今もかもとな]

かな読み

けふもかも|あすかのかはの|ゆふさらず|かはづなくせの|さやけくあるらむ|[あすかがは|いまもかもとな]

カタカナ読み

ケフモカモ|アスカノカハノ|ユフサラズ|カハヅナクセノ|サヤケクアルラム|[アスカガハ|イマモカモトナ]

ローマ字読み|大文字

KEFUMOKAMO|ASUKANOKAHANO|YUFUSARAZU|KAHAZUNAKUSENO|SAYAKEKUARURAMU|[ASUKAGAHA|IMAMOKAMOTONA]

ローマ字読み|小文字

kefumokamo|asukanokahano|yufusarazu|kahazunakuseno|sayakekuaruramu|[asukagaha|imamokamotona]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|飛鳥川|地名

校異

特に無し

寛永版本

けふもかも[寛],
あすかのかはの[寛],
ゆふさらず,[寛]ゆふさらす,
かはづなくせの,[寛]かわつなくせの,
さやけくあるらむ,[寛]きよくあるらむ,
[あすかがは,いまもかもとな]

巻数

第3巻

作者

上古麻呂

タイトルとURLをコピーしました