万葉集373番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集373番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集373番について

歌番号

373番

原文

高按之|三笠乃山尓|鳴<鳥>之|止者継流|<戀>哭為鴨

訓読

高座の御笠の山に鳴く鳥の止めば継がるる恋もするかも

かな読み

たかくらの|みかさのやまに|なくとりの|やめばつがるる|こひもするかも

カタカナ読み

タカクラノ|ミカサノヤマニ|ナクトリノ|ヤメバツガルル|コヒモスルカモ

ローマ字読み|大文字

TAKAKURANO|MIKASANOYAMANI|NAKUTORINO|YAMEBATSUGARURU|KOHIMOSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

takakurano|mikasanoyamani|nakutorino|yamebatsugaruru|kohimosurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|春日野|奈良|野遊び|恋情|動物|序詞|地名

校異

歌【西】謌|->鳥【西(右書)】【類】【温】|->戀【西(右書)】【類】【紀】

寛永版本

たかくらの[寛],
みかさのやまに[寛],
なくとりの[寛],
やめばつがるる,[寛]やめはつかるる,
こひもするかも[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました