万葉集401番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集401番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集401番について

歌番号

401番

原文

山守之|有家留不知尓|其山尓|標結立而|結之辱為都

訓読

山守のありける知らにその山に標結ひ立てて結ひの恥しつ

かな読み

やまもりの|ありけるしらに|そのやまに|しめゆひたてて|ゆひのはぢしつ

カタカナ読み

ヤマモリノ|アリケルシラニ|ソノヤマニ|シメユヒタテテ|ユヒノハヂシツ

ローマ字読み|大文字

YAMAMORINO|ARIKERUSHIRANI|SONOYAMANI|SHIMEYUHITATETE|YUHINOHAJISHITSU

ローマ字読み|小文字

yamamorino|arikerushirani|sonoyamani|shimeyuhitatete|yuhinohajishitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|宴席|誦詠

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やまもりの[寛],
ありけるしらに[寛],
そのやまに[寛],
しめゆひたてて[寛],
ゆひのはぢしつ,[寛]ゆひのはちしつ,

巻数

第3巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました