万葉集416番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集416番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集416番について

歌番号

416番

原文

百傳|磐余池尓|鳴鴨乎|今日耳見哉|雲隠去牟

訓読

百伝ふ磐余の池に鳴く鴨を今日のみ見てや雲隠りなむ

かな読み

ももづたふ|いはれのいけに|なくかもを|けふのみみてや|くもがくりなむ

カタカナ読み

モモヅタフ|イハレノイケニ|ナクカモヲ|ケフノミミテヤ|クモガクリナム

ローマ字読み|大文字

MOMOZUTAFU|IHARENOIKENI|NAKUKAMO|KEFUNOMIMITEYA|KUMOGAKURINAMU

ローマ字読み|小文字

momozutafu|iharenoikeni|nakukamo|kefunomimiteya|kumogakurinamu

左注|左註

右藤原宮朱鳥元年冬十月

事項|分類・ジャンル

挽歌|枕詞|動物|桜井|地名|辞世

校異

般->陂【類】【紀】

寛永版本

ももづたふ,[寛]ももつたふ,
いはれのいけに[寛],
なくかもを[寛],
けふのみみてや[寛],
くもがくりなむ,[寛]くもかくれなむ,

巻数

第3巻

作者

大津皇子

タイトルとURLをコピーしました