万葉集442番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集442番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集442番について

歌番号

442番

原文

世間者|空物跡|将有登曽|此照月者|満闕為家流

訓読

世間は空しきものとあらむとぞこの照る月は満ち欠けしける

かな読み

よのなかは|むなしきものと|あらむとぞ|このてるつきは|みちかけしける

カタカナ読み

ヨノナカハ|ムナシキモノト|アラムトゾ|コノテルツキハ|ミチカケシケル

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|MUNASHIKIMONOTO|ARAMUTOZO|KONOTERUTSUKIHA|MICHIKAKESHIKERU

ローマ字読み|小文字

yononakaha|munashikimonoto|aramutozo|konoterutsukiha|michikakeshikeru

左注|左註

右一首作者未詳

事項|分類・ジャンル

挽歌|膳部王|無常

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
むなしきものと[寛],
あらむとぞ,[寛]あらむとそ,
このてるつきは[寛],
みちかけしける[寛],

巻数

第3巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました