万葉集325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集325番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集325番について

歌番号

325番

原文

明日香河|川余藤不去|立霧乃|念應過|孤悲尓不有國

訓読

明日香河川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき恋にあらなくに

かな読み

あすかがは|かはよどさらず|たつきりの|おもひすぐべき|こひにあらなくに

カタカナ読み

アスカガハ|カハヨドサラズ|タツキリノ|オモヒスグベキ|コヒニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|KAHAYODOSARAZU|TATSUKIRINO|OMOHISUGUBEKI|KOHINIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asukagaha|kahayodosarazu|tatsukirino|omohisugubeki|kohiniaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|神丘|神奈備山|飛鳥|荒都|地名|鎮魂

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
かはよどさらず,[寛]かはよとさらす,
たつきりの[寛],
おもひすぐべき,[寛]おもひすくへき,
こひにあらなくに[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました