万葉集376番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集376番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集376番について

歌番号

376番

原文

秋津羽之|袖振妹乎|珠匣|奥尓念乎|見賜吾君

訓読

あきづ羽の袖振る妹を玉櫛笥奥に思ふを見たまへ我が君

かな読み

あきづはの|そでふるいもを|たまくしげ|おくにおもふを|みたまへあがきみ

カタカナ読み

アキヅハノ|ソデフルイモヲ|タマクシゲ|オクニオモフヲ|ミタマヘアガキミ

ローマ字読み|大文字

AKIZUHANO|SODEFURUIMO|TAMAKUSHIGE|OKUNIOMOFUO|MITAMAHEAGAKIMI

ローマ字読み|小文字

akizuhano|sodefuruimo|tamakushige|okuniomofuo|mitamaheagakimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あきづはの,[寛]あきつはの,
そでふるいもを,[寛]そてふるいもを,
たまくしげ,[寛]たまくしけ,
おくにおもふを[寛],
みたまへあがきみ,[寛]みたへわかきみ,

巻数

第3巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました