万葉集301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集301番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集301番について

歌番号

301番

原文

磐金之|凝敷山乎|超不勝而|哭者泣友|色尓将出八方

訓読

岩が根のこごしき山を越えかねて音には泣くとも色に出でめやも

かな読み

いはがねの|こごしきやまを|こえかねて|ねにはなくとも|いろにいでめやも

カタカナ読み

イハガネノ|コゴシキヤマヲ|コエカネテ|ネニハナクトモ|イロニイデメヤモ

ローマ字読み|大文字

IHAGANENO|KOGOSHIKIYAMAO|KOEKANETE|NENIHANAKUTOMO|IRONIIDEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ihaganeno|kogoshikiyamao|koekanete|nenihanakutomo|ironiidemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

いはがねの,[寛]いはかねの,
こごしきやまを,[寛]ここしきやまを,
こえかねて[寛],
ねにはなくとも[寛],
いろにいでめやも,[寛]いろにいてめやも,

巻数

第3巻

作者

長屋王

タイトルとURLをコピーしました