万葉集400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集400番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集400番について

歌番号

400番

原文

梅花|開而落去登|人者雖云|吾標結之|枝将有八方

訓読

梅の花咲きて散りぬと人は言へど我が標結ひし枝にあらめやも

かな読み

うめのはな|さきてちりぬと|ひとはいへど|わがしめゆひし|えだにあらめやも

カタカナ読み

ウメノハナ|サキテチリヌト|ヒトハイヘド|ワガシメユヒシ|エダニアラメヤモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKITECHIRINUTO|HITOHAIHEDO|WAGASHIMEYUHISHI|EDANIARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakitechirinuto|hitohaihedo|wagashimeyuhishi|edaniarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うめのはな[寛],
さきてちりぬと[寛],
ひとはいへど,[寛]ひとはいへと,
わがしめゆひし,[寛]わかしめゆひし,
えだにあらめやも,[寛]えたにあらむやも,

巻数

第3巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました