万葉集327番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集327番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集327番について

歌番号

327番

原文

海若之|奥尓持行而|雖放|宇礼牟曽此之|将死還生

訓読

海神の沖に持ち行きて放つともうれむぞこれがよみがへりなむ

かな読み

わたつみの|おきにもちゆきて|はなつとも|うれむぞこれが|よみがへりなむ

カタカナ読み

ワタツミノ|オキニモチユキテ|ハナツトモ|ウレムゾコレガ|ヨミガヘリナム

ローマ字読み|大文字

WATATSUMINO|OKINIMOCHIYUKITE|HANATSUTOMO|UREMUZOKOREGA|YOMIGAHERINAMU

ローマ字読み|小文字

watatsumino|okinimochiyukite|hanatsutomo|uremuzokorega|yomigaherinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|通観|奈良都|地名|諧謔

校異

賜->贈【紀】|歌【西】謌

寛永版本

わたつみの[寛],
おきにもちゆきて[寛],
はなつとも[寛],
うれむぞこれが,[寛]うれもそこれか,
よみがへりなむ,[寛]しにかへかいかん,

巻数

第3巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました