万葉集467番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集467番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集467番について

歌番号

467番

原文

時者霜|何時毛将有乎|情哀|伊去吾妹可|<若>子乎置而

訓読

時はしもいつもあらむを心痛くい行く我妹かみどり子を置きて

かな読み

ときはしも|いつもあらむを|こころいたく|いゆくわぎもか|みどりこをおきて

カタカナ読み

トキハシモ|イツモアラムヲ|ココロイタク|イユクワギモカ|ミドリコヲオキテ

ローマ字読み|大文字

TOKIHASHIMO|ITSUMOARAMUO|KOKOROITAKU|IYUKUWAGIMOKA|MIDORIKOOKITE

ローマ字読み|小文字

tokihashimo|itsumoaramuo|kokoroitaku|iyukuwagimoka|midorikookite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

君->若【類】【古】

寛永版本

ときはしも[寛],
いつもあらむを[寛],
こころいたく[寛],
いゆくわぎもか,[寛]いゆくわきもか,
みどりこをおきて,[寛]みとりこをおきて,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました