万葉集308番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集308番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集308番について

歌番号

308番

原文

常磐成|石室者今毛|安里家礼騰|住家類人曽|常無里家留

訓読

常磐なす石室は今もありけれど住みける人ぞ常なかりける

かな読み

ときはなす|いはやはいまも|ありけれど|すみけるひとぞ|つねなかりける

カタカナ読み

トキハナス|イハヤハイマモ|アリケレド|スミケルヒトゾ|ツネナカリケル

ローマ字読み|大文字

TOKIHANASU|IHAYAHAIMAMO|ARIKEREDO|SUMIKERUHITOZO|TSUNENAKARIKERU

ローマ字読み|小文字

tokihanasu|ihayahaimamo|arikeredo|sumikeruhitozo|tsunenakarikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

ときはなす,
いはやはいまも,
ありけれど,
すみけるひとぞ,
つねなかりける

巻数

第3巻

作者

博通法師

タイトルとURLをコピーしました