万葉集445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集445番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集445番について

歌番号

445番

原文

何時然跡|待牟妹尓|玉梓乃|事太尓不告|徃公鴨

訓読

いつしかと待つらむ妹に玉梓の言だに告げず去にし君かも

かな読み

いつしかと|まつらむいもに|たまづさの|ことだにつげず|いにしきみかも

カタカナ読み

イツシカト|マツラムイモニ|タマヅサノ|コトダニツゲズ|イニシキミカモ

ローマ字読み|大文字

ITSUSHIKATO|MATSURAMUIMONI|TAMAZUSANO|KOTODANITSUGEZU|INISHIKIMIKAMO

ローマ字読み|小文字

itsushikato|matsuramuimoni|tamazusano|kotodanitsugezu|inishikimikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|丈部龍麻呂|大阪|地名|枕詞|天平1年年紀

校異

特に無し

寛永版本

いつしかと[寛],
まつらむいもに[寛],
たまづさの,[寛]たまつさの,
ことだにつげず,[寛]ことたにつけす,
いにしきみかも,[寛]いぬるきみかも,

巻数

第3巻

作者

大伴三中

タイトルとURLをコピーしました