万葉集269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集269番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集269番について

歌番号

269番

原文

人不見者|我袖用手|将隠乎|所焼乍可将有|不服而来来

訓読

人見ずは我が袖もちて隠さむを焼けつつかあらむ着ずて来にけり

かな読み

ひとみずは|わがそでもちて|かくさむを|やけつつかあらむ|きずてきにけり

カタカナ読み

ヒトミズハ|ワガソデモチテ|カクサムヲ|ヤケツツカアラム|キズテキニケリ

ローマ字読み|大文字

HITOMIZUHA|WAGASODEMOCHITE|KAKUSAMUO|YAKETSUTSUKAARAMU|KIZUTEKINIKERI

ローマ字読み|小文字

hitomizuha|wagasodemochite|kakusamuo|yaketsutsukaaramu|kizutekinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難解|恋愛|飛鳥|地名

校異

来来【紀】【細】来々

寛永版本

ひとみずは,[寛]しのひには,
わがそでもちて,[寛]わかそてもちて,
かくさむを[寛],
やけつつかあらむ[寛],
きずてきにけり,[寛]きすてきにけり,

巻数

第3巻

作者

阿倍女郎

タイトルとURLをコピーしました