万葉集333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集333番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集333番について

歌番号

333番

原文

淺茅原|曲曲二|物念者|故郷之|所念可聞

訓読

浅茅原つばらつばらにもの思へば古りにし里し思ほゆるかも

かな読み

あさぢはら|つばらつばらに|ものもへば|ふりにしさとし|おもほゆるかも

カタカナ読み

アサヂハラ|ツバラツバラニ|モノモヘバ|フリニシサトシ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

ASAJIHARA|TSUBARATSUBARANI|MONOMOHEBA|FURINISHISATOSHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

asajihara|tsubaratsubarani|monomoheba|furinishisatoshi|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|望郷|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あさぢはら,[寛]あさちはら,
つばらつばらに,[寛]とさまかくさまに,
ものもへば,[寛]ものおもへは,
ふりにしさとし,[寛]ふりにしさとの,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました