万葉集417番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集417番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集417番について

歌番号

417番

原文

王之|親魄相哉|豊國乃|鏡山乎|宮登定流

訓読

大君の和魂あへや豊国の鏡の山を宮と定むる

かな読み

おほきみの|にきたまあへや|とよくにの|かがみのやまを|みやとさだむる

カタカナ読み

オホキミノ|ニキタマアヘヤ|トヨクニノ|カガミノヤマヲ|ミヤトサダムル

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|NIKITAMAAHEYA|TOYOKUNINO|KAGAMINOYAMAO|MIYATOSADAMURU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|nikitamaaheya|toyokunino|kagaminoyamao|miyatosadamuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|河内王|福岡県|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

おほきみの[寛],
にきたまあへや,[寛]むつたまあへや,
とよくにの[寛],
かがみのやまを,[寛]かかみのやまを,
みやとさだむる,[寛]みやとさたむる,

巻数

第3巻

作者

手持女王

タイトルとURLをコピーしました