万葉集242番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集242番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集242番について

歌番号

242番

原文

瀧上之|三船乃山尓|居雲乃|常将有等|和我不念久尓

訓読

滝の上の三船の山に居る雲の常にあらむと我が思はなくに

かな読み

たきのうへの|みふねのやまに|ゐるくもの|つねにあらむと|わがおもはなくに

カタカナ読み

タキノウヘノ|ミフネノヤマニ|ヰルクモノ|ツネニアラムト|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

TAKINOHENO|MIFUNENOYAMANI|IRUKUMONO|TSUNENIARAMUTO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

takinoheno|mifunenoyamani|irukumono|tsuneniaramuto|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|不安

校異

特に無し

寛永版本

たきのうへの[寛],
みふねのやまに[寛],
ゐるくもの[寛],
つねにあらむと[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第3巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました