万葉集407番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集407番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集407番について

歌番号

407番

原文

春霞|春日里之|殖子水葱|苗有跡云師|柄者指尓家牟

訓読

春霞春日の里の植ゑ子水葱苗なりと言ひし枝はさしにけむ

かな読み

はるかすみ|かすがのさとの|うゑこなぎ|なへなりといひし|えはさしにけむ

カタカナ読み

ハルカスミ|カスガノサトノ|ウヱコナギ|ナヘナリトイヒシ|エハサシニケム

ローマ字読み|大文字

HARUKASUMI|KASUGANOSATONO|UEKONAGI|NAHENARITOIHISHI|EHASASHINIKEMU

ローマ字読み|小文字

harukasumi|kasuganosatono|uekonagi|nahenaritoihishi|ehasashinikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|坂上二嬢|奈良|地名|植物|贈答|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

はるかすみ[寛],
かすがのさとの,[寛]かすかのさとの,
うゑこなぎ,[寛]うゑこなき,
なへなりといひし[寛],
えはさしにけむ[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました