万葉集452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集452番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集452番について

歌番号

452番

原文

与妹為而|二作之|吾山齋者|木高繁|成家留鴨

訓読

妹としてふたり作りし我が山斎は木高く茂くなりにけるかも

かな読み

いもとして|ふたりつくりし|わがしまは|こだかくしげく|なりにけるかも

カタカナ読み

イモトシテ|フタリツクリシ|ワガシマハ|コダカクシゲク|ナリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

IMOTOSHITE|FUTARITSUKURISHI|WAGASHIMAHA|KODAKAKUSHIGEKU|NARINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

imotoshite|futaritsukurishi|wagashimaha|kodakakushigeku|narinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|奈良|地名|天平2年12月年紀

校異

特に無し

寛永版本

いもとして[寛],
ふたりつくりし[寛],
わがしまは,[寛]わかやまは,
こだかくしげく,[寛]こたかくしけく,
なりにけるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました