万葉集482番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集482番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集482番について

歌番号

482番

原文

打背見乃|世之事尓在者|外尓見之|山矣耶今者|因香跡思波牟

訓読

うつせみの世のことにあれば外に見し山をや今はよすかと思はむ

かな読み

うつせみの|よのことにあれば|よそにみし|やまをやいまは|よすかとおもはむ

カタカナ読み

ウツセミノ|ヨノコトニアレバ|ヨソニミシ|ヤマヲヤイマハ|ヨスカトオモハム

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|YONOKOTONIAREBA|YOSONIMISHI|YAMAOYAIMAHA|YOSUKATOMOHAMU

ローマ字読み|小文字

utsusemino|yonokotoniareba|yosonimishi|yamaoyaimaha|yosukatomohamu

左注|左註

右三首七月廿日高橋朝臣作歌也|名字未審|但云奉膳之男子焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|古老|老麻呂|亡妻挽歌|天平16年7月20日年紀

校異

歌【西】謌

寛永版本

うつせみの[寛],
よのことにあれば,[寛]よのことにあれは,
よそにみし[寛],
やまをやいまは[寛],
よすかとおもはむ[寛],

巻数

第3巻

作者

高橋

タイトルとURLをコピーしました