万葉集406番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集406番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集406番について

歌番号

406番

原文

吾祭|神者不有|大夫尓|認有神曽|好應祀

訓読

我が祭る神にはあらず大夫に憑きたる神ぞよく祭るべし

かな読み

わがまつる|かみにはあらず|ますらをに|つきたるかみぞ|よくまつるべし

カタカナ読み

ワガマツル|カミニハアラズ|マスラヲニ|ツキタルカミゾ|ヨクマツルベシ

ローマ字読み|大文字

WAGAMATSURU|KAMINIHAARAZU|MASURAONI|TSUKITARUKAMIZO|YOKUMATSURUBESHI

ローマ字読み|小文字

wagamatsuru|kaminihaarazu|masuraoni|tsukitarukamizo|yokumatsurubeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|佐伯赤麻呂|贈答|掛醎合媿|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがまつる,[寛]わかまつる,
かみにはあらず,[寛]かみにはあらす,
ますらをに[寛],
つきたるかみぞ,[寛]つきたるかみそ,
よくまつるべし,[寛]よくまつるへき,

巻数

第3巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました