同情

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4398番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4398番について歌番号4398番原文大王乃|美己等可之古美|都麻和可礼|可奈之久波安礼特|大夫|情布里於許之|等里与曽比|門出乎須礼婆|多良知祢乃|波々可伎奈埿|若草乃|都...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4399番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4399番について歌番号4399番原文宇奈波良尓|霞多奈妣伎|多頭我祢乃|可奈之伎与比波|久尓之於毛保由訓読海原に霞たなびき鶴が音の悲しき宵は国辺し思ほゆかな読みうなはらに|...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4400番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4400番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4400番について歌番号4400番原文伊於毛負等|伊乎祢受乎礼婆|多頭我奈久|安之毛美要受|波流乃可須美尓訓読家思ふと寐を寝ず居れば鶴が鳴く葦辺も見えず春の霞にかな読みいへお...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4408番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4408番について歌番号4408番原文大王乃|麻氣乃麻尓々々|嶋守尓|和我多知久礼婆|波々蘇婆能|波々能美許等波|美母乃須蘇|都美安氣可伎奈埿|知々能未乃|知々能美許等波|多...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4409番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4409番について歌番号4409番原文伊弊婢等乃|伊波倍尓可安良牟|多比良氣久|布奈埿波之奴等|於夜尓麻乎佐祢訓読家人の斎へにかあらむ平けく船出はしぬと親に申さねかな読みいへ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4411番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4411番について歌番号4411番原文伊弊都刀尓|可比曽比里弊流|波麻奈美波|伊也久々々二|多可久与須礼騰訓読家づとに貝ぞ拾へる浜波はいやしくしくに高く寄すれどかな読みいへづ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4412番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4412番について歌番号4412番原文之麻可氣尓|和我布祢波弖氐|都氣也良牟|都可比乎奈美也|古非都々由加牟訓読島蔭に我が船泊てて告げ遣らむ使を無みや恋ひつつ行かむかな読みし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4331番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4331番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4331番について歌番号4331番原文天皇乃|等保能朝等|之良奴日|筑紫國波|安多麻毛流|於佐倍乃城曽等|聞食|四方國尓波|比等佐波尓|美知弖波安礼杼|登利我奈久|安豆麻乎能...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4332番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4332番について歌番号4332番原文麻須良男能|由伎等里於比弖|伊田弖伊氣|和可礼乎乎之美|奈氣伎家牟都麻訓読大夫の靫取り負ひて出でて行けば別れを惜しみ嘆きけむ妻かな読みま...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4333番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4333番について歌番号4333番原文等里我奈久|安豆麻乎等故能|都麻和可礼|可奈之久安里家牟|等之能乎奈我美訓読鶏が鳴く東壮士の妻別れ悲しくありけむ年の緒長みかな読みとりが...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4334番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4334番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4334番について歌番号4334番原文海原乎|等保久和多里弖|等之布等母|兒良我牟須敝流|比毛等久奈由米訓読海原を遠く渡りて年経とも子らが結べる紐解くなゆめかな読みうなはらを...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4335番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4335番について歌番号4335番原文今替|尓比佐伎母利我|布奈弖須流|宇奈波良乃宇倍尓|美那佐伎曽祢訓読今替る新防人が船出する海原の上に波なさきそねかな読みいまかはる|にひ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4336番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4336番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4336番について歌番号4336番原文佐吉母利能|保理江己藝豆流|伊豆手夫祢|可治流間奈久|戀波思氣家牟訓読防人の堀江漕ぎ出る伊豆手船楫取る間なく恋は繁けむかな読みさきもりの...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3865番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3865番について歌番号3865番原文荒雄良者|妻子之産業乎波|不念呂|年之八歳乎|将騰来不座訓読荒雄らは妻子の業をば思はずろ年の八年を待てど来まさずかな読みあらをらは|めこ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3866番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3866番について歌番号3866番原文奥鳥|鴨云船之|還来者|也良乃守|早告許曽訓読沖つ鳥鴨とふ船の帰り来ば也良の崎守早く告げこそかな読みおきつとり|かもとふふねの|かへりこ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3867番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3867番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3867番について歌番号3867番原文奥鳥|鴨云舟者|也良乃|多未弖榜来跡|所許奴可聞訓読沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎廻みて漕ぎ来と聞こえ来ぬかもかな読みおきつとり|かもとふふね...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3868番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3868番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3868番について歌番号3868番原文奥去哉|赤羅小船尓|褁遣者|若人見而|解披見鴨訓読沖行くや赤ら小舟につと遣らばけだし人見て開き見むかもかな読みおきゆくや|あからをぶねに...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3869番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3869番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3869番について歌番号3869番原文大船尓|小船引副|可豆久登毛|志賀乃荒雄尓|潜将相八方訓読大船に小舟引き添へ潜くとも志賀の荒雄に潜き逢はめやもかな読みおほぶねに|をぶね...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3860番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3860番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3860番について歌番号3860番原文王之|不遣尓|情進尓|行之荒雄良|奥尓袖振訓読大君の遣はさなくにさかしらに行きし荒雄ら沖に袖振るかな読みおほきみの|つかはさなくに|さか...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3861番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3861番について歌番号3861番原文荒雄良乎|将来可不来可等|飯盛而|門尓出立|雖待来不座訓読荒雄らを来むか来じかと飯盛りて門に出で立ち待てど来まさずかな読みあらをらを|こ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3862番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3862番について歌番号3862番原文志賀乃山|痛勿伐|荒雄良我|余須可乃山跡|見管将偲訓読志賀の山いたくな伐りそ荒雄らがよすかの山と見つつ偲はむかな読みしかのやま|いたくな...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3863番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3863番について歌番号3863番原文荒雄良我|去尓之日従|志賀乃安麻乃|大浦田沼者|不樂有哉訓読荒雄らが行きにし日より志賀の海人の大浦田沼は寂しくもあるかかな読みあらをらが...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3864番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3864番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3864番について歌番号3864番原文官許曽|指弖毛遣米|情出尓|行之荒雄良|波尓袖振訓読官こそさしても遣らめさかしらに行きし荒雄ら波に袖振るかな読みつかさこそ|さしてもやら...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1019番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1019番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1019番について歌番号1019番原文石上|振乃尊者|弱女乃|或尓縁而|馬自物|縄取附|肉自物|弓笶圍而|王|命恐|天離|夷部尓退|古衣|又打山従|還来奴香聞...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1020,1021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1020,1021番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1020,1021番について歌番号1020-1021番原文王|命恐見|刺|國尓出座|耶|吾背乃公|繋巻裳|湯々石恐石|住吉乃|荒人神|舳尓|牛吐賜|...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1022番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1022番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1022番について歌番号1022番原文父公尓|吾者真名子叙|妣刀自尓|吾者愛兒叙|参昇|八十氏人乃|手向|恐乃坂尓|奉|吾者叙追|遠杵土左道矣訓読父君に|我れ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1023番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1023番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1023番について歌番号1023番原文大埼乃|神之小濱者|雖小|百船毛|過迹云莫國訓読大崎の神の小浜は狭けども百舟人も過ぐと言はなくにかな読みおほさきの|かみ...
タイトルとURLをコピーしました