万葉集1023番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1023番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1023番について

歌番号

1023番

原文

大埼乃|神之小濱者|雖小|百船<純>毛|過迹云莫國

訓読

大崎の神の小浜は狭けども百舟人も過ぐと言はなくに

かな読み

おほさきの|かみのをばまは|せばけども|ももふなびとも|すぐといはなくに

カタカナ読み

オホサキノ|カミノヲバマハ|セバケドモ|モモフナビトモ|スグトイハナクニ

ローマ字読み|大文字

OHOSAKINO|KAMINOBAMAHA|SEBAKEDOMO|MOMOFUNABITOMO|SUGUTOIHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

ohosakino|kaminobamaha|sebakedomo|momofunabitomo|sugutoihanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|石上乙麻呂|流罪|久米若賣|密通|天平11年年紀|土佐|高知|同情|歌語り

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|能->純【元】【類】【紀】

寛永版本

おほさきの[寛],
かみのをばまは,[寛]かみのをはまは,
せばけども,[寛]せはけれと,
ももふなびとも,[寛]ももふなひとも,
すぐといはなくに,[寛]すくといはなくに,

巻数

第6巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました