万葉集4333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4333番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4333番について

歌番号

4333番

原文

等里我奈久|安豆麻乎等故能|都麻和可礼|可奈之久安里家牟|等之能乎奈我美

訓読

鶏が鳴く東壮士の妻別れ悲しくありけむ年の緒長み

かな読み

とりがなく|あづまをとこの|つまわかれ|かなしくありけむ|としのをながみ

カタカナ読み

トリガナク|アヅマヲトコノ|ツマワカレ|カナシクアリケム|トシノヲナガミ

ローマ字読み|大文字

TORIGANAKU|AZUMAOTOKONO|TSUMAWAKARE|KANASHIKUARIKEMU|TOSHINONAGAMI

ローマ字読み|小文字

toriganaku|azumaotokono|tsumawakare|kanashikuarikemu|toshinonagami

左注|左註

右二月八日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月8日年紀|枕詞|悲別|同情|防人歌

校異

特に無し

寛永版本

とりがなく,[寛]とりかなく,
あづまをとこの,[寛]あつまをとこの,
つまわかれ[寛],
かなしくありけむ[寛],
としのをながみ,[寛]としのをなかみ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました