万葉集4332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4332番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4332番について

歌番号

4332番

原文

麻須良男能|由伎等里於比弖|伊田弖伊氣<婆>|和可礼乎乎之美|奈氣伎家牟都麻

訓読

大夫の靫取り負ひて出でて行けば別れを惜しみ嘆きけむ妻

かな読み

ますらをの|ゆきとりおひて|いでていけば|わかれををしみ|なげきけむつま

カタカナ読み

マスラヲノ|ユキトリオヒテ|イデテイケバ|ワカレヲヲシミ|ナゲキケムツマ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|YUKITORIOHITE|IDETEIKEBA|WAKAREOSHIMI|NAGEKIKEMUTSUMA

ローマ字読み|小文字

masuraono|yukitoriohite|ideteikeba|wakareoshimi|nagekikemutsuma

左注|左註

右二月八日兵部少輔大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月8日年紀|悲別|同情|防人歌

校異

波->婆【元】【類】

寛永版本

ますらをの[寛],
ゆきとりおひて[寛],
いでていけば,[寛]いてていけは,
わかれををしみ[寛],
なげきけむつま,[寛]なけきけむつま,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました